株ってなに?わかりやすく解説

株ってなに?

会社の事業を拡大するためには研究費や人件費など様々なお金が必要ですが、成功する保証はありません。

銀行などの金融機関から多額の借金をしても最悪の場合は返すことができません。

返済の義務を課されずに会社が資金を集める方法に「株」が挙げられます。

金融機関からお金を借りるのではなく、会社の将来性や事業内容を応援してくれる一般の人々からお金を出資してもらいます。

出資するためには株の購入が必要であり、出資金額は株券が証明することになります。

株は会社にとっても出資者にとってもお金などを得るための重要な手段です。では、株式は双方にどのようなメリットがあるのでしょうか。

会社側のメリット

会社は自社の株券を発行し、それを出資者に購入してもらうことでお金を集めます。

出資者は事業の成功に期待して株を購入するので、利益が出た場合は配当金を支払う必要があります。

しかし、銀応の融資と違ってお金を借りている訳ではないので、事業が失敗しても出資金を返済する必要はありません。

利息などの余計な心配はせず、会社は事業の成功だけを追求していればよいのです。

出資者のメリット

購入した株の価値は事業の成功や利益によって大きく変動します。

手持ちの株は売却することができ、株価が上がった時に売ればその分の利益を得ることが可能です。

出資額が多ければ多いほど売却時の利益も大きくなります。

売却して得る利益だけでなく、会社が利益を出せば出資者は配当金を受け取ることができます。

さらに、お金だけでなく、会社によっては商品や優待券などの株主優待も受けられます。

株主優待は会社によって様々ですが割引や招待などの優待を受けられるので、株主優待を目当てに利用頻度の高い飲食店などの株を購入する人もいるほどです。

株ってどうやって買うの?

株を購入するためには証券会社に口座を開いてお金を入金しておき、どの株を何株購入するのかを選んでから証券会社に注文を出します。

証券会社の注文が証券取引場で成立しすると、購入した分の株が出資者のものとなります。

証券取引場では毎日世界中からの株の売買が行われており、秒単位でコンピュータが情報を処理しています。

証券取引場は主要都市にいくつか存在し、取引できる時間も決まっています。