株はいくらから買える?100株単位でしか買えない?

株の最低売買単位は100株に統一

株式売買では自分の好きな株数を購入できるのでしょうか。

購入できる最低株数は100株単位となっているので、自分の投資金額に合ったものを選ぶことが大切です。

これまで株は100株から購入できるものや1000株から購入できるものなど、企業ごとに最低の売買単位「単元株」が決まっていました。

しかし、企業によって売買単位が異なることは投資家の困惑を招くという理由から、2018年10月までに100株単位に統一するよう、以前から東証が呼びかけていました。

参考:売買単位の統一 | 日本取引所グループ

つまり、株の売買単位は100株単位なので、買いたい銘柄が一株1000円の株でも単元株が100株であれば、

1000円×100株=10万円で、10万円からしか購入できません。

株価を見て「1000円なら買ってみようかな」と思っても、実際に注文できるのは100株単位なので、手数料を含めると10万円ちょっとの資金が必要となります。

株を少額から始める方法とは?

一度に多額の投資金額を用意できない人や、預金の代わりに株を購入したい人には、株式累積投資(るいとう)や単元未満株などの少額投資がおススメです。

定期預金の代わりに株の購入を考えている場合は株式累積投資(るいとう)が適しています。るいとうは自分が決めた金額を毎月投資するので、無理がなく預金のように株を購入できるのです。

また、るいとうでは株価の値上がり値下がりに合わせて購入する量を調整できるドルコスト平均法が適用されるのも嬉しいポイントです。

しかし、るいとうでは購入できる株の銘柄や証券会社が限られたり、株主優待が受けられないなどのデメリットもあるので注意しましょう。

株を毎月購入するのではなく、少額での株式投資を希望する場合は単元未満株(ミニ株)がオススメです。ミニ株であれば単元株数の1/10の株数から購入できます。

つまり、単元株数が100株の銘柄もミニ株なら10株から購入できるのです。
 
るいとう同様にミニ株ができる銘柄や証券会社は限られていますが、その他は一般的な株式投資と変わりません。

少しづつ株を買い増していき、単元株数まで増やすことができれば株主優待を受けられる企業もあります。