日本の株式市場の種類とそれぞれの特徴

日本の株式市場には4つの取引所がある

株はどんな企業でも発行できるものではなく、株式市場に上場するための条件や審査をクリアする必要があります。上場した企業の株だけが証券取引所で売買されることになります。

日本にある証券取引所は、東京証券取引所・札幌証券取引所・名古屋証券取引所・福岡証券取引所の4つです。その中でも最も大きな所が東京証券取引所(東証)です。

東証の中でも市場が4つに分かれており、会社の規模や審査基準も違っています。自分がどのように株式売買をしたいのかによって、市場の選び方を変える必要があります。

東証一部と二部の違いは?

東証一部

最も審査基準が厳しく、上場している企業は誰もが知っているような大手企業ばかりです。

一部上場することで企業にとっては、信用や知名度が確立されるなどのメリットがあります。買い手にとっても倒産のリスクが少ないので安心できるのです。

ただし、企業は一部上場のための厳しい審査を通らなければなりません。また東証一部の株は安心ですが、安定している分だけ短期間でたくさん稼ぐことは難しいと言えます。

東証二部

東証二部は一部に比べて審査基準レベルが低いので、中堅企業が多く見られます。一部への上場を目指した勢いのある企業も多いです。

一部と比べて二部は注目度が低いので優良株が埋もれている可能性も高いです。二部のうちに買っておいた企業が、一部に上場する可能性もあるのです。

ただし、株式売買の初心者がこれから伸びる企業を見極めるのは難しいので、東証一部を選ぶ場合が多いです。

マザーズとジャスダックの違いは?

マザーズ

審査基準が低い市場であり、将来性がある企業であれば例え赤字であっても上場できるのです。

そのため不安定で選ぶのが難しい市場ではありますが、マザーズの企業は細かく情報を公開しなくてはならないので慎重に選べばハイリターンも期待できます。

ジャスダック

ジャスダックはマザーズと同様に中堅企業が多い市場ですが、マザーズに比べて歴史が古いのが特徴です。

ジャスダックスタンダードとジャスダックグロースの二種類があります。ジャスダックグロースの企業はマザーズよりもハイリスクハイリターンな株式が多いです。