株の信用取引は危険?信用買いと空売りのメリットとデメリット

株の信用取引とは?

信用取引とは証券会社に担保(現金や株券)を預けて信用を得て、証券会社から現金や株券を借りて行う株取引です。

元手が少なくても大きな利益を得られる可能性がありますが、その分リスクも大きいので注意しましょう。

信用取引には「信用買い」と「信用売り」の二つがあり、それぞれに現物取引にはないメリットがある反面、株や資金を借りて取引を行うのでデメリットがあります。

信用取引のメリット

信用取引の最大のメリットは、信用買いによるレバレッジ効果によって、自己資金以上の投資ができることです。

予想通りに株価が動けば、大きな利益を産むこともできます。

また、通常の現物取引では株価が上昇する場面でしか利益を出すことができませんが、

信用売り(空売り)の仕組みを使えば、株価が値下がり傾向にある場合でも利益を出すことが可能となります。

信用取引のデメリット

信用取引は大きな利益を期待できる分、手持ち資金以上の取引きを行うため、大損をしてしまうリスクがあることを忘れてはいけません。

失敗しても返済できるよう余裕を持って投資を行う必要があるのです。

また、損をするリスクだけでなく金利や手数料も掛かります。特に長期にわたって一般信用取引を行う場合は、金利や貸株料が嵩むだけでなく、場合によっては逆日歩などの手数料も掛かります。

費用やリスクを事前に学び、株式についてよく勉強した上で信用取引を行うようにしましょう。信用取引はリターンが大きい分、より高度なテクニックが必要な株式売買なのです。

信用買いのしくみ

信用買いは、証券会社に預入れた委託保証金(担保)の、約3倍程度まで株を購入することができます。

例えば証券会社に50万円の委託保証金を預けた場合、約150万円まで取引できます。

このように自己資金に対し、大きな金額の取引きを行うことをレバレッジと呼びます。

信用売り(空売り)のしくみ

信用売りではまず、「株価が下がりそうだ」と思う銘柄の株を証券会社から借りて、株式市場で売ってしまいます。

予想通りに株価が下落したら、市場で証券会社から借りた銘柄の株を同数買い、買った株を証券会社に返却します。

その結果、最初に高く売ったときの金額と、安く買い戻すために使った金額の差額が利益になる仕組みです。

信用売り(空売り)のやり方

1.信用売り(空売り)の注文を出す
空売りしたい銘柄を選び、証券会社の管理画面から注文を出します。
このとき、実際に手元に株は持っていないので、証券会社から借りた株を売りに出すことになります。

2.売り注文が成立
売りに出した注文が成立すると、証券会社の口座に売却代金が入金されますが、
この段階ではまだ株を借りている状態です。

3.株を買い戻す
証券会社から借りている株を返却するために、借りた銘柄と同じ株を買います。
空売りで利益を出すためには、この段階で売ったときよりも株価が下がっていなければなりません。

4.決済
証券会社へ株を返却します。
株を買い戻したあとに残った金額から、手数料や貸株料などを差引いた残金が利益となります。

信用売り(空売り)の例

一株200円の株を証券会社から1000株借りて売ると、20万円手に入ります。

その後株価が値下がりし、一株100円になったときに同量の株を買い戻すには10万円が必要です。

最初に株を売った時の20万円を使い、買い戻しすために10万円を払っても、手元には10万円が残るのです。

信用取引のはじめかた

現物取引の経験がある人でも信用取引を始めるためには専用の口座を開設しなくてはなりません。信用取引口座を開設するには証券会社の審査に通過する必要があります。

審査基準は一年以上株式売買の経験があるかどうかや、自己資金がいくらあるかなど、証券会社によっても異なります。年齢制限や担保に預けるお金の最低基準を設定している場合もあります。

審査をクリアできたら30万円以上の委託保証金を預けます。委託保証金は信用取引を行うための担保のようなもので、信用取引で売買を行う金額の30%以上で30万円以上が最低ラインとなります。

つまり、預入れる委託保証金が多ければ多いほど借りることのできるお金も高く設定できるのです。

また、委託保証金はお金ではなく保有している株を充てることもできます。ただし、株価は変動するものなので、その時の株価の80%が担保として計算されます。