制度信用取引と一般信用取引は何が違う?

制度信用取引と一般信用取引の違いとは

信用取引は、証券取引所が行う制度信用取引と証券会社が行う一般信用取引の二つに分けられます。

返済期限や手数料などの違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った信用取引を選ぶようにしましょう。

制度信用取引の特徴

証券取引所が定める返済期限や金利などの条件で行う信用取引です。

取引できるのは一定の基準を満たした銘柄に限定され、制度信用銘柄と貸借銘柄の二種類に分かれます。

制度信用銘柄は信用買い(買い建て)のみ可能な銘柄で、空売り(売り建て)はできません。

貸借銘柄は信用買い(買い建て)、空売り(売り建て)の両方の取引きが可能です。

制度信用取引のメリット

信用取引では金利や貸株料が必要になりますが、制度信用取引は一般信用取引に比べて安いので運用コストを抑えられます。

制度信用取引のデメリット

制度信用取引では返済期限が6ヶ月と決まっているので、長期で信用取引を行いたい場合には向きません。

また、例え利益が出ていなくても6ヶ月で返済しなければならないので、タイミング悪く期限を迎えてしまうと損をしてしまう可能性も十分あるのです。

取引できる銘柄が限定されているため、自分の購入したい企業が選べないケースがあることもデメリットのひとつです。

一般信用取引の特徴

証券会社が定める条件で行う信用取引です。

信用買い(買い建て)はほとんどの銘柄で行えますが、空売り(売り建て)を行える証券会社は限られており、銘柄の取扱い数も証券会社によって違います。

金利や返済期限も証券会社によって独自のルールが設定されているので注意しましょう。

一般信用取引のメリット

上場している銘柄はほとんど信用買いができるので、制度信用取引に比べると選択の幅が広がります。

さらに、期限が定められている制度信用取引と違って返済期限が長い(無期限の証券会社もある)ことも魅力です。

これによって短期間で思うように株価が変動しなくても、じっくり長期で運用することも可能です。

一般信用取引のデメリット

一般信用取引は制度信用取引に比べて金利がやや割高です。

また、殆どの銘柄が信用買いできるのに対し、空売りが可能な証券会社が限定されます。

ネット証券では(SBI証券・楽天証券・松井証券・カブドットコム証券)などで可能となっていますが、

銘柄の数に差があるだけでなく、返済期限の長さによって商品が細かく分かれており、各商品ごとに空売りできる銘柄が異なります。