株の注文方法【指値・成行・逆指値】を使うのはどんなとき?

指値注文と成行注文

株の注文方法には、基本として指値注文と成行注文があります。

目的に合わせて注文方法を使い分けることが大切です。

指値注文

自分が売買したい金額を指定し、その株価になるまで売買は実行されないのが指値注文です。

指値注文のメリットは自分で金額を指定できるので、思い通りの株価で売買できることです。予算オーバーするなどのリスクが避けられるので安心して注文できます。

一方で、成行注文に比べて取引が成立しにくいというデメリットもあります。指定した株価にならなかった場合は売買約定にはなりませんし、同じ株価に注文が重なった場合は成行注文が優先的に処理されます。

そのため指値注文は急ぎで売りたい買いたい場合には不向きです。

成り行き注文

成行注文は株を時価で売買する方法です。そのため、はっきりとした株価は成立しなければ分かりません。注文する際には、銘柄と株数だけを指定するのです。

成行注文のメリットは売買約定しやすいことです。

「他に買いたい株があるから今ある株を売って資金を作りたい」
「株価が急落しそうだから今のうちに全て売りたい」

など急ぎで株式売買を行う時におススメです。

また、人気が高まってきた銘柄を指値注文で購入するのは難しいので、少し高くても成行注文で購入することもあります。

今後株価が上がるとはっきり予想できる場合は、少し高く買っても後々に利益を生む可能生が高いからです。

成行注文のデメリットは、注文した時にはいくらで売買が成立するか分からないことです。

価格変動が激しい銘柄を成り行き取引で売買すると、予想外の株価で取引成立することもあるので注意が必要です。

逆指値注文とは

逆指値注文とは、指定した株価以下になれば売る、指定した株価以上になれば買うという注文方法です。

通常の指値注文とは反対の条件を指定するため、逆指値注文と呼ばれます。

逆指値注文を使うことで、相場の値動きに合わせた自動的な売買が可能になります。

逆指値注文の使い方

ストップロス

「○円以下になれば売り」という逆指値注文をあらかじめ出すことで、損失を最小限に抑える方法です。

株価は常に変動しますが、常に株価の動きをチェックできない人も多くいます。

株価の変動幅が小さいからと安心していると、しばらく見ない間に株価が暴落し、大きな損失を抱えてしまうことも考えられます。

そんなときに備えて逆指値注文で売る条件を指定しておけば、株価が指定した額まで値下がりすると自動的に売り注文を出してくれるため、損失を抑えることができるのです。

利益確定売り

株価が上昇しているときに、「○円以下になれば売り」という逆指値注文を出すことで、利益を確実に確保する方法です。

持ち株が値上がりすると、「まだ上がる」という思いから売り時を見失う人が多くいます。

株価はどこまで値上がりするかわかりませんが、いつ急落するかも分からないのです。

利益確定売りの逆指値注文を指定しておけば、株価が急に下がったとしても、利益を残せるラインで株を売ることができます。

上昇買い

ボックス相場などで株価が横這いになり、

「○円を超えれば上昇に転じるだろう」というとき、「○円以上になれば買い」という逆指値注文を出して乗り遅れを防ぐ方法。

株価のトレンドが変わって上昇したとき、買うタイミングが遅れると高値づかみになることがありますが、

上昇買いの逆指値を指定しておけば株価が高くなりすぎる前に購入することができます。